角度の事。ポケットの的球に対して手球がまっすぐの位置にある場合を「フリがない」、的球に薄く当てなければならないような角度のときないは「フリがつきすぎる」という。また的球の右に当てる位置で手球を止めようとしたのに転がりすぎて、左に当てなければならなくなるような状況を「逆フリ」「フリが逆になる」という。

 

 


Copyright (C) 1999-2000 BREAKERS MORIYA